HOME > メンテナンス

納車後に、お客様が「違和感」をお感じになれば何なりとご連絡下さい。
外装・内装や足回り、エンジン音、運転時の振動等、個人差がありますので
お客様のお感じになったままをお伝え下さい。


各メーカー、ディーラーへの確認や連絡はもちろんのこと、当社で出来る限りの対応を
行うこととしています。以下の全メーカー対応のコンピューター診断機で判断しております。


最近の車は、コンピューター制御が多いことから、「異常」を認識してしまうと、
コンピューターをリセットする必要があります。通常は、ディーラーに依頼しますが
当社は診断機の導入により、自社でリセット作業が可能です。


通常の点検は、ご来店いただければ無料で行います。
又、お客様の保証内容毎に対応しております。


アフターサポートのページもご確認下さい。



車輌検査証明書

全メーカー対応のコンピューター診断機を導入しています。

現在の車は、ほとんどが電子制御によって車の状態(エンジン異常や消耗品の交換など)を管理しています。




愛車の調子が悪くなり、パーツを交換したり、修理をしたにも関わらず、異常ランプが点灯したり、アラームが鳴ることがあるのは、この電子制御システムの関係です。
(電子制御システムが拾ったエラー信号を、診断機でリセットしてあげる必要があるのです。)





当社では、この電子制御を全メーカー全車種対応に対応したコンピューター診断機を導入することで、入庫時のチェックから納車時のチェックまで、異常のない状態であることを把握しています。

お客様側の立場では、当たり前のことなのですが、このことを理解していない中古車販売店も多く、異常の原因がわからずに、ディーラーに持ち込むことでお客様には余計な出費を強いることになるのです。

輸入車などについては、空気圧を変更しただけで、異常となる場合もありますので、ガソリンスタンドでの整備や点検も注意が必要なのです。


ページの先頭へ